みんなさん、こんにちは! これはyusahana6323です、よろしくおねがいします。この話は私の英語の「Never Again」ですが、日本語は私の専攻ですから、「この話を翻訳して見ましょうかなあ」と思いました。英語と日本語はちょっと違いませうが。。。チャプター42からインスピレーションを取っていました。そのチャプターが日本語でまだ読めませんが、「分かりました!」 と思うけど。。。(笑)この話は、私の日本語はどうですか? まあ、悪いかもしれませんけど、本当に頑張りました! 助けるは本当にありがとうございます。 じゃ、この話を読んで、本当にありがとうございます。頼んでください。


「このまま、彼の哀しいを止めてと思うのか!?」

白銀は昶の顔を見られていなかった。。。この事に。 こんなの不快な記憶が思い出している、できていなかった。

白銀が昶に叫びたい、昶を説教したい、「お前は誰、そんな事を聞く!? お前が痛みと苦しいの事、何が知ている!?」を聞きていたかった。でも、できていなかった。今はだめ。 今、その目、その顔を見られていなかった。痛み過ぎるです。

白銀が、「どのぐらい攻撃を受けた、昶を守るの為に前に跳躍いた、焔緋と戦いの入りを止めた、昶は安全のようにすべてをしたのか?」を考えていかった。「昶は、なぜを分かりますか? いいえ、分かりませんです。絶対に、分かられないのですね。」 昶が白銀を通りた、にらみしていた。

絶対その時を直面したくなかった、白銀はそう思うでした。 直面したくなかった。一回は難し過ぎましたで。もう一度できません。

-------

『ああ。。。白銀よ。。。』

白銀が膝に落ちた、劉黒の腹と胸の破れから激流で流れるの血を見ていました。自分の揺れるを止められていない。。。泣かせていたくなかった。

『劉黒』白銀が囁いた、声が壊れていた。『劉黒、本当にごめんなさい。』

劇しい咳、嘔吐になりました。真紅が劉黒の口からほとばした、 そしてその事を見たのに、白銀の腹が回した。

『大丈夫、』白銀が揺れての声で言った。 『癒してあげる。大丈夫だ。』

『い。。。いいえ、白銀。』口を曲げるできない弱い笑顔しました。『いいえ。』

『大丈夫だ。』

『白金。。。』

『ただの掻だ。君は大丈夫だ。』白銀はおしゃべりする。 劉黒が信実を知た。。。 彼は疵付けたの。。。でも、白銀は自分を信じさせたくていかった。 この状況をに対処できません。 劉黒を失われません。 それをさせません。

『白銀。。。俺を殺しておくれ。』

白銀の声が消えた、そして彼の心が胸に落ちました、劉黒を見つめた。劉黒のルビーの目も、白銀を見つめた。

『いいえ。』

『白銀。。。』劉黒は今頼んだ。 『いたいよ。。。』

『絶対いやだ!』

『俺、存続しない。。。』

『断わる!』

『痛みを止めておくれ。。。』

『いやだ!』

劉黒が揺れる手を上げた、白銀の顔触った。。。優しく、愛しくの愛撫。白銀が目を閉じた、血が劉黒の手にネバネバならさせられました。

『白銀がする欲しい。。。白銀の方がよかっただ。』

白銀の目は突然に開けました。劉黒の表情変わっていないだが、彼の目が曇りになってしまいました。

『おねがい。』

その最後の頼み囁きが白銀の目から涙を流させた、白銀の心が『だめ!』って叫んだ、彼の手が上げた、準備していた。今実の笑顔が劉黒の口を回って、そして一粒の涙が遠くになって目から落ちました。

『ありがとう。』それは白銀の最後の聞いた言葉でした。

-------

白銀の手がまだ赤くでした。グラブをはめてのに、白銀がまだ劉黒の血がグラブの布を通って着色する見えました。劉黒の指が温りた真紅の傷が白銀の頬はまだある、まだ見えました。 そして。。。昶に見た、昶の前世が自分の手で死なせられたの記憶。。。白銀がいつもいつも差し止めました。

焔緋のじゃなかった。。。自分のでした。

昶に伝えられないでした。 昶は分かられない。。。そう、できません。

そう。 許しの為に、かれのすべてでこの少年を守る。そのまま。。。そのまま、きっと、昶は同じの死を経験するいきません。そのまま、きっと、その状況に入りません。そのまま、きっと。。。きっと、白銀がそんな事はもう一度しません。

白銀は一番愛するの人がもう一度自分の手で死なせられたくていません。